本文へスキップ

マイホームの新築時に気をつけておきたい注意点

業者選びについて 

「土地探しはネット検索で」

土地探しはネットで説明図

家づくりを考える段階で建築地が決まっていない方は、まず肝心の土地探しから始めることになります。

昔は、土地探しと言えば、地元の不動産屋さんに依頼するか、建築業者に依頼するかのどちらかでしたが、最近はインターネットの普及によりネット上でも多くの宅地物件情報を見ることができます。色々なサイトがありますので一々自分の足であるき回らなくても机の上で物件情報を見ることができるのは大変便利です。
ですから、「土地探しはネット検索で」という言葉もあながち間違いとはいいきれません。

しかし、いろいろな方の土地探しのお手伝いをしてきた経験からいうと、このようにネット検索から希望の土地を探し当てて購入までむすびつく例はほんの僅かです。
まだ建築予定地のないかた(いわゆる土地無し客)から土地探しも含めて相談を受けた場合、私の場合は知り合いの不動産業者数社に土地情報の問い合わせをして条件に合った物件情報をできるだけ多く送ってもらいます。そして気になる物件を実際に見に行って、紹介しても良さそうな物件だけを選んで相談者に提案します。本当に良さそうな物件であれば、その土地に建物を当て嵌めたセットプランを作成したり、そのプランに基づいた概算見積もりやローン計画書などを添えたりして提案することもあります。

もちろん、そこまでしてもその土地を気に入ってもらえるケースは少ないのですが、そのように提案することができた土地(つまり割と好物件)のほとんどは、実はネット上には流れていませんでした。
不動産業者にして見れば、好物件はネット上に公開しなくても売れるのでそんな手間をかける必要が無いし、売り主から直接依頼を受けた物件なら、買い主も自分で見つければ、仲介手数料も増えるし本人の営業成績も上がるわけですから、できるだけ公開したくないという気持ちもあります。
ですから、なかなか売れない物件だけがネット上に出回るということになりがちなのです。

土地探し
では、どんな方法で土地探しをするのが一番良いのでしょうか。
土地探しはやはりどれだけ多くの情報を取得できるかにかかっています。
家づくりは「欲しいと思った時」が一番の好機ですので、土地探しも気合の乗っているときにできるだけ多くの情報をつかむ努力をしましょう。漠然と「そのうち良い土地がみつかれば」という気持ちでは中々見つかるものではありません。下手すると永遠に探し続けることにもなりかねません。
ですから(もちろんネット検索も大事ですが)、できるだけ多くの不動産業者に対して自分の希望を正確に伝えて良質で数多くの情報提供を依頼するにこしたことはありません。

希望予定地付近の不動産業者を手当たり次第(もちろん危なそうな所は避けて)に訪問するのもよし、最近は《タウンライフ不動産売買》のように一括して多くの不動産業者に依頼できるシステムもありますのでそういうものを利用するのも良いでしょう。



土地探しの場合に肝心なことは、建てる家がちゃんと土地にフィットするかを確認することです。つまり正しいスケール感を持って土地を判断できるかということです。
できれば、土地に合わせたセットプランを作成してもらって、それで確認できれば一番良いのですが、まだ建築業者の選定がそこまで進んでいなければ、書籍や雑誌やハウスメーカーのプラン集などから自分が気に入った間取り図を透明のOHPフィルムにコピーして置き、それを土地の図面に重ね合わせてみると土地の大きさ感が良くわかります。もちろん間取り図の縮尺(1/200ぐらいが多い)と土地図面の縮尺は同じでないといけませんので、その縮尺の図面をもらえるように依頼しましょう。


トップに戻るボタン

contents