本文へスキップ

マイホームの新築時に気をつけておきたい注意点

家づくりにおいて注意すべき偽りの言葉、疑問の数々

家づくり歴30年の一級建築士が語る住宅新築時にまつわる虚言の数々

住宅新築時に注意すること

一般人にとって、生涯最大の買い物となるのがマイホームの新築だろうと思います。
一生懸命働いて貯めた資金や、何十年にもわたって返済しなければならないローンを組んで、自分と家族の将来を託す夢のマイホーム。しかし、頻繁にできる買い物で無いこともあり、ほとんどの人は住宅建築、家づくりについては素人同然と言えるでしょう。だからこそ失敗しない為に慎重になり、親戚、知人友人、インターネットを通じてなど、様々な情報源を頼りに最善の選択をしようとするわけです。
ところが、そのようにして得られる情報の中には、偽りであったり、不確かであったり、そのまま鵜呑みにしてしまうと失敗して後悔させられるような要注意情報が蔓延している事も事実なのです。
長い間、住宅関連の仕事を続けて来た間に、素人の建て主に誤解を与えたり、迷わせたり、判断を狂わせたりするような多くの要注意情報に接してきました。その経験を元に、これからマイホームを新築しようとする方に「こんな言葉には気をつけて欲しい」項目を掲載するサイトを立ち上げました。
私の経験が少しでお役に立てるとしたらさいわいです。

新着情報news

2018年11月6日
外材は日本の風土に合わない」を追加しました。
2018年10月2日
FRP防水の寿命は10年」を追加しました。
2018年9月4日
分離発注の方がローコスト」を追加しました。
2018年8月7日
埋め込み収納でトイレをスッキリ 」を追加しました。
以降は最新の4件のみを表示します。
2014年5月12日
サイトを開設しました。

あなたは・・・・
なんの事前準備もせずに展示場めぐりをしますか?
それとも下調べをしてから臨みますか?

今は無料で情報が手に入る時代です。しかも簡単に。

トップに戻るボタン

contents