本文へスキップ

難聴などの聴覚障害をお持ちの方に、ちょっとしたアイデアや製品でより快適な生活を送って頂くために

こちらもどうぞ!聴覚障害を扱った物語

聾者、突発性、中途失聴、老人性難聴者などが送る様々な人生

区切り 区切り

聴く道具集音器

集音器も補聴器も音を大きくして耳に伝え、聴きやすくする器具である点には変わりありません。
只、補聴器は医薬品医療機器等法の定めに従って作られた医療機器であり、申請に基づいて認可され、効能効果を謳うことができます。 それ以外のものは補聴器と呼ぶことも効能効果を表示することもで出来ませんので、集音器とかその他の名前で呼んでいることになります。
集音器は、基準に合わせたり申請手続きの必要が無いことなどから製造販売もしやすく、その分低価格で供給されていますが、一概に集音器が補聴器に劣っているという訳でもありません。何十万もする高価な補聴器よりも通販で購入した安価な集音器のほうが自分に合っていたなんて事もあり得ますので、
それぞれの障害度合いや使い方に合わせてお選び頂ければ良ろしいかと思います。

ソニー(SONY) 首かけ集音器 SMR-10

これが集音器かとびっくりするほど斬新なデザインにまず驚かされますが、 この集音器の特徴はデザインもさることながら、その集音性能、音質にあります。
「ソニー製品ならそのぐらい当然だろう」と思われるかもしれませんが、集音器につきもののハウリングや風切音、そして増幅される暗騒音などを見事に抑え込んでいるのは流石というべきでしょう。
3時間の充電で集音器としては約24時間使用できます。
詳しくはメーカーホームページを御覧ください。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 首かけ式なので本体やイヤホンがじゃまにならない
  • 集音器以外にもテレビのワイヤレスイヤホンとしても利用できる
  • 置くだけで充電できるクレドール型充電器を付属


パイオニア フェミミ集音器  VMR-M750(N)

「音のパイオニア」が販売している集音器で、とかく評価がバラつきがちな集音器の中では、難聴の方に安定した評価を得ています。
マイクとイヤホンを一体化して耳に近い位置で集音するため、自然な感じで聴こえるのが特徴です。
「人の声」か「雑音」かを瞬時に判断し、雑音成分のみを抑制したり、ハウリングによる不快なピーピー音を軽減する機能も搭載。
充電式で約21時間の連続使用が可能です。(充電時間:最大3.5時間)。電池切れの場合は市販の単4電池の利用も可能。
詳しくはメーカーホームページを御覧ください。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 本体はコンパクトで軽量、しかし表示は大きく操作が楽
  • イヤホンをはめる、電源を入れる、音量を調節するの簡単3ステップ
  • 置くだけで充電できるクレドール型充電器を付属


NIKON リスニングプレーヤー クリップ・ミニ

精密機器メーカーのNIKONが作った集音器です。
本体がとてもコンパクトでかつクリップ式なのでどこにでも取り付けられることと、マイク部分がイヤホンの近く、つまり耳元にあるため自然な集音ができることが特長です。
イヤホンは片耳タイプなので集音器を使っているという違和感が少なく、しかも左右兼用タイプなので聞きたい音源の方向に合わせて使用できます。
詳しくはYoutubeの動画を御覧ください。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 本体:4g、マイクやコードを入れても12gの軽量型
  • イヤホンをはめる、電源を入れる、音量を調節するの簡単3ステップ
  • 空気電池PR41で連続使用約50時間


みみ太郎

集音器でも補聴器でもそうですが、基本的には音を増幅して大きな音にする装置です。ただ、人間の耳は非常に複雑にできており、単に音の大きさだけではなく、その音の方角や距離までが立体的に把握できるようになっています。音を増幅するだけではこのような立体音の把握ができないために、どうしても不自然な音に聞こえてしまうのです。

この「みみ太郎」は人工耳介技術により「生の聴こえ」を実現したと評判の集音器です。何十万もする補聴器を購入しても結局使わなくなった人がいかに多いかはよく耳にする事ですね。
このメーカーはすぐに購入するよりもまずは無料試聴することを推めていますので、気楽に検討してみたらいかがでしょう。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 自然な「聴こえ」の集音器
  • 使い方に合わせて選べる「置型タイプ」と「モバイルタイプ」
  • 両特殊なイヤホンでしっかり聴ける
  • 誰でもかんたんに扱える操作ツマミ
  • 10日間の無料試聴期間でじっくり検討
置型タイプ:54,000円(税込み)
モバイルタイプは別価

まずは無料お試しで。



クリアーボイス(音声拡聴器)

電話の受話器をとって会話する感覚で利用する集音機器です。
握ったら電源が入り、離したら切れますので、無駄な電気を消費せず、単4電池2本で連続200時間位聴くことができます。
昔から聞きづらい時に耳の後ろに手を立てたりしますが、将にあの電子機器版といったところでしょうか。
実店舗ではあまり置いていないので、通販での購入をお薦めします。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 握ればON、放せばOFF
  • 受話器のように耳に当てるだけでOK
  • 聞きたい時だけ音声をクリアに拡大
  • 単4電池2本で200時間


骨伝導クリアーボイス

骨伝導については「骨伝導ヘッドホン(イヤホン)」でも述べていますが、この製品は上記のクリアーボイスに骨伝導機能を追加した上位機種となります。
気道だけからの集音よりも骨伝導からの集音も加わるので聞こえやすくなりますが、振動を出すために電気を余計に消費してしまいます。
ですから、上記製品が電池式なのに比べて、こちらは充電式となっていますし、連続使用時間も短くなっていますのでご注意下さい。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 受話器のように耳に当てる携帯タイプでも使える
  • 骨伝導イヤホンをつけても利用できる
  • 電池充電:約 3.5 時間
  • 連続使用時間:約40時間


ボイスモニター 携帯助聴器

この機器も携帯電話のように耳に当てて本体スピーカーで聴くタイプです。必要なときにだけ耳に当てるので普段は耳障りな騒音を聞かなくても良いのですが、長時間だと手が疲れます。そんなときには付属の両耳タイプのイヤホンを差し込んで使う事もできます。
電源は充電式でなく電池交換式ですが、利用電池は汎用タイプの単4アルカリ電池ですからそんなに苦にはならないでしょう。寿命のある充電池よりも良いかもしれません。
スピーカー利用時には電源を切り忘れても5分後には自動オフになります。(自動オフになった場合は再スタートボタンを押すだけですぐにオンになります)
商品についての詳細はこちらでどうぞ。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 受話器のように耳に当てる携帯電話タイプ
  • 両耳タイプイヤホンも付属
  • 電源:単4アルカリ乾電池×2本
  • 電池持続時間:約150時間


集音器 効聴 KR-77

本体で音を増幅してイヤホンで聴くタイプの集音器ですが、人間の音声帯域に合わせて集音できます。
イヤホンの性能に寄っても多少聴きやすさに差が出ますので、付属のイヤホンから自分に合ったイヤホン(例えば骨伝導イヤホン)に取り替えて見ても良いかもしれません。
単4乾電池1本で連続約60~90時間程度使用出来ます。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 超高感度集音器 電池式
    単4乾電池1本
  • イヤホンで聞く両耳タイプ
  • 音量無段階調節・左右のボリューム調節可能
  • 難聴者に合わせた可聴周波数が選べる!
  • 軽量!


集音器[SONIC WAVE]

本体と集音マイクとイヤホンの3点で構成されており、マイクと本体が分離していることから、本体は収納しやすい場所に、マイクは集音しやすい場所に設置することができます。その為に本体が衣服等と擦れる事による雑音を防ぐ利点もあります。
片耳タイプのイヤホンで、ご覧のごとくスッキリしたデザインですで見た目も悪くありません。
単5形アルカリ乾電池1本で約96時間使用出来ます。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 単5アルカリ乾電池1本使用
  • 片耳密閉型イヤホン
  • 本体の擦れる雑音を軽減する本体分離式マイク
  • 集音周波数選択機能
  • 突発音を軽減するAGC機能
  • 音量調節機能


耳かけ充電式 左右両用

手軽な耳掛け型の集音器です。
色もよくあるベージュで特に変わったところはありません。
変わったところといえば、この手の集音器がほとんどボタン電池式であるのに対して、充電式であることです。
ボタン電池式のものは、電源のオンオフを電池ボックスの開閉で行なっているものが多く、それが大変煩わしいという悪評も多いので、それを解消する手段として充電式を採用したのは評価できます。

このタイプは耳の大きさや形状によって、かなり装着感に差がでますのでご注意を。
装着後に電源のON、OFFをすれば装着時の不快な音は改善されます。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 手軽な充電式
  • 耳にフィットさせるイヤホンキャップが大小6種付き
  • 最大30倍まで増幅


ハンディマイクレシーバー 聴六 HA-6 助聴器 プリモ

電話の時に受話器をとって会話する要領で利用出来る集音機器です。
使いたいときに耳に当てるだけですので、高齢者にも簡単に操作できます。
単4電池2本を使用しますが、約50〜60時間利用できますので、一日一時間使用するとして約2ヶ月間使えることになります。
耳あてがついていますので、音漏れが少なく聴きやすい製品になっています。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 受話器のように耳に当てるだけでOK
  • 耳あて付きで音漏れが少ない
  • 単4電池2本で約50〜60時間


ハンディマイクレシーバー 聴吉〜ちょうきち〜[HA-5]

これも上記の「聴六 HA-6」と同じように電話機の要領で利用出来る集音機器です。
折りたたみ式なのでコンパクトであることと、イヤホンを差し込んで使えば普通のイヤホン型集音器としても使えるのがポイントです。
単4アルカリ電池1本を使用しますが、一日一時間使用するとして約3ヶ月間使えます。
電源ボタンはなく、本体を耳に触れるかイヤホンを差し込む動作で作動するようになっています。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 受話器のように耳に当てるだけでOK
  • イヤホンも使える
  • 単4電池1本で3ヶ月


充電耳穴式 左右両用

耳穴式は見た目も良いし着けている煩わしさも少ないのですが、電源のON-OFF、電池交換の煩わしさなどから敬遠されがちです。
しかしこの商品は充電式なのでそんな心配は要りません。一回の充電で約30時間の利用が可能ですし、電源ボタンも付いていますので充電頻度もそんなに気にする事はありません。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 耳穴に入る小型軽量
  • 充電式で電池交換作業が不要
  • 音量は五段階に調整可能
  • 左右両用式


かんたんラクラク耳穴集音器DX

使っている事が目立たない耳穴型の集音器ですが、小さいので操作がしづらい事と、同じく小さいゆえに電池交換が煩わしいのが難点でした。

この集音器は1度の電池交換でなんと120~180時間もの長時間連続使用が可能という特徴があります。

耳穴型はこの集音器にせよ補聴器にせよ、使う人によって合う合わないがはっきりします。この製品は2個セットも販売されていますが、まずは一個用のこちらを試してからにした方が良いと思います。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 耳穴にすっぽり納まる小型軽量タイプ
  • 最長180時間の連続使用可能
  • ボタン電池;(市販品LR41/PR41/PR41S
  • 突然大きな音がしても120デシベル(±5)以上の音量については出力しない保護機能付き


トップに戻るボタン


ナビ下画像