本文へスキップ

難聴などの聴覚障害をお持ちの方に、ちょっとしたアイデアや製品でより快適な生活を送って頂くために

こちらもどうぞ!聴覚障害を扱った物語

聾者、突発性、中途失聴、老人性難聴者などが送る様々な人生

区切り 区切り

スマートホンを活用手話ステーション

難聴の方が手話を本格的に学習しようとすれば、手話学校などに行って習うのが最も効果的なのでしょうが、時間や金銭的な問題からも、そう簡単に始めることはできなかったと思います。
本サイトの「手話(動画と書籍)」にも自分で手軽に学習するための情報を掲載しておりますが、このページでは、最近普及してきたスマートフォンを使って効果的に学習できるアプリをご紹介します。
この「手話ステーション」は非常に親しみやすいインターフェースで収録単語も多く、大変優れたアプリだと思います。 手話には興味を持っていたものの、なんとなくハードルの高さを感じていた方も是非一度無料版を試してみて下さい。


どこでも手軽に手話学習ができるのが魅力です

手話学習に

アプリ名は「手話ステーション」。
無料版の「手話ステーションLite」がありますので、取り敢えずお試しになってから有料版(800円)に切り替えられれば良いと思います。
iPhone版もアンドロイド版も揃っています。


使い方

では、早速基本的な使い方をご紹介いたします。
まずは、左下の指文字メニューをタッチして指文字の学習から始めましょう。

文字の種類は、あいうえお50音とアルファベット、それと数字です。

無料版のLiteでも、指文字は全て見ることができます。

      
手話メニューを選ぶと、単語や基本的な例文を動画で学習できます。

無料版では、ここで選べる範囲がかなり制限されています。
収録されているものの1割くらいしか見ることが出来ませんので、Liteで試した後で気に入ったら800円だして有料版を購入されれば良いでしょう。


動画は巻き戻しや任意の位置での静止も可能。

動画にはスライダーがついていますので、ドラッグして巻き戻ししたり、任意の位置で静止させたりして、じっくりと学習できるようになっています。




学習アプリはスマートフォンの得意分野


手話学習に限らず、文字や静止画それに動画や音声までも効果的に扱える学習用のソフトは今後益々進歩して行くことでしょう。
既に学校教育の現場にも取り入れられ始めているようですから、その内に小学校の授業風景が一変するかもしれません。
スマートフォンの場合は特に、何時でも好きな場所で学習できるわけですから、これを上手に使いこなさない手は有りません。


      
トップに戻るボタン


ナビ下画像

耳の不自由の方が
生活で不自由しない為に


難聴支援画像


高齢者用グッズ選びへのバナー
amazonプライムPRへのバナー
ネット通販ガイドへのバナー