本文へスキップ

難聴などの聴覚障害をお持ちの方に、ちょっとしたアイデアや製品でより快適な生活を送って頂くために

こちらもどうぞ!聴覚障害を扱った物語

聾者、突発性、中途失聴、老人性難聴者などが送る様々な人生

区切り 区切り

知る道具音を光で知る

聴覚障害の有る人に何かを伝えようとする場合、振動や光で伝達するのが一番です。

この「知る道具」のコーナーでも火災や電話、チャイムや時刻などを振動や光に変えて知らせてくれる製品を紹介してきました。
言わば、必要とされる状況にふさわしい専用品について掲載してきた訳です。

一方、個々の状況においては専用品に劣るものの、もっと幅広い状況に対応できる汎用品もあります。
「とにかく、音がしたら光で知らせる」製品です。

例えば、一人で家にいる時「ドアがノックされた」「窓ガラスが叩かれた」「表で誰かが叫んでいる」「電話が鳴っている」「風で何かが倒れた」「ヤカンが沸騰して音を発てている」「洗濯が終わって終了ブザーが鳴っている」「犬が急に吠え出した」等々、とにかく音がしたら光で知れせてくれれば便利ではありませんか?。

それがどんな音なのか、大きな音なのか小さな音なのか、危険があるのか無いのか、そう言う細かい事までは判りませんが、使い方によってはかなり有用な道具だと思います。

製品はリーベックス株式会社の「ワイヤレスチャイムXシリーズ」の「音センサー送信機 X70」と受信機との組合せセット「サウンドモニターセットx870」です。
(「光で知るチャイム」ページの「呼び出しチャイムセット」もこのXシリーズの仲間です)


サウンドモニター セット X870

一定音量以上の声や音を感知すると、離れた場所でチャイムやメロディが鳴り、ブルーLEDがフラッシュして知らせる、難聴者の方にピッタリのワイヤレスサウンドモニターセットです。
増設用として単品でも販売されている「音センサー 送信機 X70」と「受信チャイム X800」の二つがセットされていますので、それぞれを単品で購入するよりもお得になります。

このセットは小型で携帯も出来るので、旅行でホテルに泊まるときなどにドアノックセンサーとしても利用できます。


      
聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
音センサー 送信機 X70
+
受信チャイム X800
  • 電波を利用したワイヤレス方式で、配線不要
  • 受信機は小型で、電池使用時には持ち歩くことも可能
  • 256通りのIDコードで、混信が起きる事はほとんどない
  • 送信機の電源:単4アルカリ電池×2本(別売)
  • 受信機の電源:単3形アルカリ電池×3本(別売)、またはオプションのACアダプターX0505を使えば一般コンセントの利用も可能

送信機と受信機は下記のように組み合わせて使用する事も出来ます。
このパターンでは、玄関と勝手口のどちらに訪問者があった場合でも寝室及び居間で確認することができます。
なお、受信チャイムX800の発する光では心もとない場合は、LEDピカフラッシュXL3000に置き換える事により、より高い視認性が得られます


増設用として、それぞれ単体でも購入可能。 受信機用にACアダプターもあります。

音センサー 送信機 X70 受信チャイム X800 ACアダプター X0505

オプションの「10ch受信チャイムX1800」を使うと、もう少し複雑な利用の仕方ができます。
x1800は送信機毎の信号の違いを識別できますから、難聴者の方でも、居間に居ながらにして、どこからの通報なのかを判断出来ますます。但し、上図の組合せパターンと違って送信機毎に信号コードを変えていますから、寝室の受信チャイムはどれか一つの送信機のコードに合わせる必要があり、この場合は玄関内の音センサーからの信号のみを受け付けることになります。
(ちなみに上図の場合は一つの信号コードしか使用していませんので、どちらの送信機から送った信号も二つの受信機で同時に受信します。但し送信場所は特定できません)


押しボタン送信機 X10 10ch 受信チャイム X1800 LEDピカフラッシュ XL3000

既にお気づきのように、「押しボタン送信機 X10」と「受信チャイム X800」の組合せセットが 「光で知るチャイム」ページで紹介した「呼び出しチャイムセット X810」になります。

ワイヤレスチャイムXシリーズの詳しい取扱についてはリーベックスHP内の取扱説明書をご参照下さい。




トップに戻るボタン




ナビ下画像

難聴支援画像

高齢者用グッズ選びへのバナー
amazonプライムPRへのバナー
ネット通販ガイドへのバナー