本文へスキップ

難聴などの聴覚障害をお持ちの方に、ちょっとしたアイデアや製品でより快適な生活を送って頂くために

こちらもどうぞ!聴覚障害を扱った物語

聾者、突発性、中途失聴、老人性難聴者などが送る様々な人生

区切り 区切り

意思疎通に振動で合図を送る


日常生活で、一緒にいる相手にちょっとした合図を送りたい事って有りますね。
家の中の離れた場所にいる相手に、「ごはんですよ」とか「お風呂が湧いたよ」などの声をかけたい時、或いは、外出時に先を行く相手に「ちょっと待って」と呼び止めたい時とか、危険なものに対して注意を向けたい時などがそうです。
そんな時に、聴覚障害を持つ方に対しては、近づいて肩をたたくとか、相手に見える場所までいって身振りで知らせるしかありません。
このような場面で役に立つのが、ここで紹介する「振動によって合図を伝えることができる送受信機」です。
発信者が合図のボタンを押すと、受信機が振動して聴覚障害者が合図を感知できるという便利なもの。 もちろんメールでは有りませんので伝えたい内容までは判りませんが、操作が簡単でシンプルですから、誰でも簡単に使うことができるのが特長です。 最近は図書館や病院などの静かな場所での呼び出しなどに使われだしたので、ご存知の方も多くいらっしゃるかと思います。
一方向のみの送信機能しかないものと、両方から合図を送れる双方向機能のついたものがありますが、双方向タイプの方が、送られてきた合図に「わかったよ」と返答もできるので便利です。


ツーウェイウィンブル

双方向タイプの振動呼び出し機(送受信機)です。

両方共、発信機であり受信機でもあるので、合図に対してすぐに応答ができるのがポイントです。着信すると一度ボタンを押せば呼出し振動等を止めると同時に送信者に対して確認の信号が送信されます


聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • 充電器内蔵
    (充電時間2~3時間)
  • 呼出距離/見通し約30m
  • 振動時間/約30秒(停止ボタンを押さない場合)


呼び出しボタン&携帯受信チャイム REV120

一方向タイプの呼び出し機ですので、双方向タイプと異なり、受信機から応答することはできません。

この製品は送信機と受信機のセットとなっていますが、送信機は単品でも販売されており、受信機一台で最大20台の送信機と組み合わせることができます。しかし、一般的には4台以内でしょうから受信機の4つのLEDで、どの送信機から信号が送られたのかを判別することができます。
例えば、送信機をリビング、ダイニング、寝室、玄関などに置いておき、その場所から送信ボタンを押せば、受ける側でどこからの呼び出しか判るというわけです。

受信機はブザー音とバイブ(振動)の両方あるいはどちらか一方に設定できます。

受信機についてはこちらで確認できます。


聴覚障害支援用品 製品特徴 通信販売
  • サイズ:送信部/幅70×高さ72.5×奥行27.5mm、受信部/幅70×高さ72.5×奥行27.5mm
  • 電源送信機:9V角形アルカリ電池1個(別売)
    受信機:DC3.6V 800mAh Ni-MH充電電池(内蔵)
  • 受信距離 屋外見通し最大:約150m 屋内見通し最大:約75m

受信機と送信機はそれぞれ単品でも販売されていますので、下記でご確認下さい。



トップに戻るボタン




ナビ下画像

難聴支援画像

高齢者用グッズ選びへのバナー
amazonプライムPRへのバナー
ネット通販ガイドへのバナー